設計・監理料

新築・リノベーション・改修等のご相談は無料にて受け付けております。
先ずはお気軽にお問合せください。

設計監理料につきましては構造種別・床面積による算定基準を設けております。
工事費の○○%のように料率をかける算定方法もありますが、床面積が同じでも仕様等により工事費が上がる場合、それに伴い設計料も上がります。
一般的な工事費×○○%という考え方に比べて、構造種別・床面積による算定では一定の料金なので予算計画が立てやすいというメリットがあります。
工事費により設計監理料が増減することはありません。

■新築住宅の場合
20,000〜25,000円/u(税抜)
※建物の構造種別・床面積や設計の難易度から決定するものとする。
※建築確認申請、中間完了検査等の申請書類作成費も含む。
※木造3階建て、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等においては構造計算等、別途費用が掛かります。
※最低設計監理料を定めておりますのでお問い合わせください。
例) 木造2階建て 100u(約30坪)の場合
   100u×23,000円/u=2,300,000円(税別)

戸建て住宅、マンション、店舗等のリノベーション・改修の場合
15,000〜20,000円/u(税抜)
※建物の構造種別・床面積や設計の難易度から決定するものとする。
※建築確認申請、その他申請等の必要があるものに関しては別途費用がかかります。
※最低設計監理料を定めておりますのでお問い合わせください。


建築士事務所がその業務におてい請求できる業務報酬(設計監理料)の基準は、平成21年 国土交通省告示第15号「新しい業務報酬基準」
定められており、この基準を設計監理料の参考としております。
設計から現場監理までの一貫業務で請け負っております。



■その他必要な費用 (設計監理料には含まれません)
・長期優良住宅・住宅性能表示制度等の書類作成
・構造計算費
・測量費/地盤調査費
・解体費
・印紙代
・申請手数料(確認申請、中間完了検査料など)
・地鎮祭費
・近隣挨拶費
・上棟式費
・引越し、仮住まい費
・登記や税金などの費用

■支払い時期
通常は5回に分けてお支払いをお願いしております。(リノベーション・改修などはお支払い回数が少なくなります。)
1回目 契約時
2回目 基本設計時終了時
3回目 実施設計終了時
4回目 上棟時
5回目 完成引き渡し後




■ホーム

■プロフィール

■住まいづくりについて

■設計の流れ

■住まいづくりの知識

■Q&A


■作品・プロジェクト

■他リンク

■掲載雑誌


■ブログ

お問合せ