・1回目プレゼンテーション
・面 談
・工事請負契約
・業者選定
・完了検査
・中間検査
・設計監理契約
※全体で概ね1年と2〜3ヶ月(建物規模により変わります)
設計の進め方 

設計は全て何も無いゼロの状態から始まります。
建て主の要望や敷地周辺の環境など様々な要因を検討しプランに反映していきます。
ですから、ハウスメーカーのように短時間で完成させることは出来ません。
以下に設計の流れを説明します。

1.面 談
  
具体的な計画に取り掛かるまでの面談・相談は無料でお受けしております。
   建て主さんの家づくりや暮らしに対する思いを聞いたり、また私の考え等をお話しさせて頂き、設計依頼をご検討をして頂きます。

2.
設計監理契約
  
数回の打合せなどを通じて、設計のご依頼意思がありましたら設計監理契約をして頂き、本設計へと入ります。

3.1回目プレゼンテーション
  
現地調査を経て計画に入ります。
   1回目のプレゼンテーションまでの期間は概ね1〜2ヶ月程度とお考え下さい。


4.基本設計

  設計者と建て主がお互いを理解し合い、住まいの方向性を決めていく大事な期間です。
   長ければ良いというわけではありませんが、この期間の内容次第で決まってきます。
   概ね3ヶ月〜6ヶ月程度。

5.実施設計

  基本設計を基に工事に必要となる設計図(意匠図、設備図など)を作成していきます。
  間取りなど大きな変更は難しくなります。そのため前段階の基本設計がとても大事になります。
  図面を仕上げるのに概ね3ヶ月程度かかります。

6.施工業者選定・見積り調整
  実施設計図を基に数社に見積りを依頼します。
   毎回金額の差がありますので、必要、不要な部分を検討し調整していきます。

7.工事請負契約
 ※設計監理契約とは違います。
   工事金額の確定後、施工会社と工事請負契約をしていただきます。

8.工事着工〜完成

  
工事期間は規模により異なりますが、一般的な木造2階建て(延べ面積30坪程度)で5ヶ月程度の工期になります
  工事期間中は設計図に従って適正に工事が行われているか現場確認並びに施工会社との打合せを行います。
   建て主さんにも確認して頂きながら細かな仕様等も決定し工事監理を進めます。


■ホーム

■プロフィール

■住まいづくりについて

■設計の流れ

■住まいづくりの知識

■Q&A


■作品・プロジェクト

■他リンク

■掲載雑誌


■ブログ

お問合せ
基本設計 実施設計 見積り調整 工事